OutlookExpress
使いやすくするためのメール設定(OutlookExpress編)

  ★お仕事に役立つ2つのメール設定を変更してみましょう!★
◆OutlookExpressは、初期設定でHTML形式のメールを送受信するようになっています。そこで、仕事向けにテキスト形式に変更が必要ですね。それと同時にウイルス対策の基本としてHTMLメールも受信しないで、テキスト形式で読み取るように設定を変更すると安心です。
HTMLメールは画像を貼り付けたり、フォントサイズや色を変えたりと、楽しく華やかなメールを作成できますが、用件を伝える仕事向けメールには必要ありません。HTMLメールは送受信ともに無効にして、ウイルスを防ぎましょう。

◆大量のメールを受信していると、大事なメールがどこに行ったか分からなくなることがありますね。そこで、特定の条件を設定して条件に合うメールを目立たせましょう。


 HTMLを送受信しない設定
1.メニューの[ツール]−[オプション]の[送信]タブを開き、「受信したメッセージと同じ形式で返信する」のチェックを外します。さらに、[メール送受信の形式]で「テキスト形式」を選びます。
メールの送受信設定

2.[読み取り]タブを開き「メッセージはすべてテキスト形式で読み取る」にチェックを入れます。
メールの読み取り設定

 特定のメールだけを自動で目立たせる設定
1.メニューの[ツール]−[メッセージルール]−[メール]を開きます。ここではタイトルに「報告」と入っているメールにカラーラベルを貼ります。「ルールの条件」「ルールのアクション」に条件を設定していき、ルール名を入力します。
メールルール1

2.「ルールの説明」欄の青い文字「指定した言葉が含まれる」リンクを開き、「報告」と入力をし、[追加]ボタンをクリックします。
メールルール2

3.「指定した色」リンクを開き、赤色をドロップダウンメニューから選びます。
メールルール3

4.条件にあるメールは受信と同時に赤いカラーラベルが貼られます。 メールルール4



Copyright(C) 2005 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.