図の挿入設定の変更方法(Word編)
 図を挿入すると行間が広がって図が自由に移動できない
  • 文書に図を挿入するとその前後の行間が広がってしまいます。
  • これはワードの初期設定で、図が「行内」に挿入される設定のためです。

 <「行内」挿入というのは…>
図を文字と同じようにカーソルの位置に配置する設定です。
いわゆる、大きな文字が挿入されたイメージになります。
そのため、図が大きいと、その図の高さにあわせて行間が広がってしまうのです。
行間が広がるだけでなく、行内に挿入された図は自由に配置できません。ドラッグしても、
文字と文字の間にしか動かせないので、移動先のレイアウトを崩してしまうこともあります。

 図を挿入すると行間が広がって図が自由に移動できない…
 文書内にロゴを入れたら「行内」に挿入されたため、日付と会社名の行間が広がってしまった。
ロゴをドラッグして下に移動したいが図が移動しない。
図の挿入操作

ロゴが選択されている状態(黒い枠線が表示)の時に、「図のツールバー」が表示されます。
「テキストの折り返し」ボタンより[前面]をクリックします。
文字列の折り返し操作

ロゴが前面に配置され、行間も元に戻りました。
黒の枠線表示から、白丸のハンドル表示になり、ロゴの配置もドラッグで調整出来るようになりました。
また、図形の拡大・縮小はもちろん、回転も可能になります。
文字列の折り返し「前面」に変更


 図と文字列との関係について
配置図 種類

文字列の折り返し「行内」

 【行内】

 行内に文字と同様にカーソルの位置に図形を配置します。


文字列の折り返し「四角」

 【四角】

 図形の周囲の四角いボックスのすべての線に沿って文字列を折り返します。


文字列の折り返し「外周」

 【外周】

 図形の形状に沿って、文字列を折り返します。


文字列の折り返し「前面」

 【前面】

 図形の背面に文字列が回りこみます。


文字列の折り返し「背面」

 【背面】

 図形の前面に文字列が表示されます。


 では、行内挿入されないように設定するには…

 図形が行内に挿入されないように、予め設定しておきましょう!
文書のレイアウトによりますが、図を囲むように文字列を折り返す必要がない場合は、図を
操作しやすい[前面]にするのが良いでしょう。

「オプション」画面

 メニューの[ツール]→[オプション]より左記の設定画面を表示します。

  1. 画面の[編集と日本語入力]タブを選択します。
  2. 「図を挿入/貼り付ける形式」の右の▼をクリックして、一覧より[前面]を選びます。
  3. [OK]ボタンをクリックします。

 これで図形が常に前面に挿入されます。

 利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2005 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.