共有ドキュメントってなに?

「共有ドキュメント」ってなに?
 「マイコンピュータ」を開くと、左側の領域に「共有ドキュメント」というフォルダがあります。この「共有ドキュメント」についてご説明しましょう。!

 「共有ドキュメント」とは…
  • 「共有ドキュメント」とは、Windows XPの「マルチユーザー」環境の下で
    複数の人がファイルを共有するために用意されているフォルダ
    (ファイル保存場所)です。
  • 登録されているユーザーが皆、自由にアクセスできるフォルダとして「共有ドキュメント」が用意されているた仕組みです。

 登録されているユーザー設定とは?

[コントロールパネル]内の[ユーザーアカウント]設定で行います。

このパソコンを利用するユーザーを登録するもので、Cドライブの「Documents and Settings」フォルダの中に登録したユーザー名のフォルダ内に自分専用の「My Documents」フォルダが自動的に作成されています。


1.[ユーザーアカウント]の設定
 →

 共有ドキュメントの仕組み

パソコン起動時にユーザー選択してログオンすると、そのユーザーが「マイドキュメント」に保存したファイルはすべて自分専用のフォルダ内の「MyDocuments」に保存される仕組みとなっています。

何人もが同じパソコンを共用するケースでも、あたかも自分の専用のパソコンであるかのように、データを保存したり、呼び出したりができます。
他人が自分の「My Documents」フォルダにアクセスしようとしても拒否されるので、秘密を守る役割も果たしてくれます。

よって、部や課などで共有して使用するファイルは自由にアクセスできるフォルダとして「共有ドキュメント」に保存すると便利です。


1.共有ドキュメントの表示画面

[スタート]ボタンから「マイコンピュータ」をクリックすると「共有ドキュメント」が表示されます。
または、デスクトップの「マイコンピュータ」のアイコンで開いても同様です。

「共有ドキュメント」を開くと「共有ピクチャ」と「共有ミュージック」「共有ビデオ」に分かれています。
写真、音楽、動画以外のファイルは、「共有ドキュメント」内に保存します。

2.共有ドキュメントが非表示の時は…


ウインドウ左側の領域(フォルダ共有作業)が表示しない場合は、
画面のメニューより[ツール]−[フォルダオプション]の「全般」タブ内の作業より 「フォルダに共有の作業を表示する」がオンになっていないか確かめて下さい。

「従来のWindowsフォルダを使う」になっていると、左側領域は表示されません。



利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ



Copyright(C) 2006 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.