パソコン起動スピードアップ術

パソコン起動スピードアップ術

 WindowsXPのパソコンで最近は起動に時間が掛かる…と悩んでる方へ
 遅くなった理由はいくつか考えられます。
 下記の要因をチェックしてみましょう!


 起動の遅さの要因として
  1. ウイルスソフトの常駐起動
  2. 画像サイズが大きい壁紙を貼り付けている
  3. メモリー容量不足
  4. 自動起動するアプリケーションが多い
  5. 不要データがたまっている
  6. ハードディスクの最適化がされていない

これらの項目をメンテナンスしてみてはいかがでしょう
今よりはサクサク度がアップします!


 スピードアップ操作方法
1.
ウイルスの監視を常時行なうウイルスソフトが自動起動しています。また、ウイルス定義を自動入手(更新の為ダウンロード)もしています。
但し、セキュリティのためにもウイルスソフトは常駐にしておきましょう。
尚、自動的にパソコン内のウイルススキャンも行うソフトもあるので、ウイルススキャンは手動で行う(自己判断で起動する)設定が良いでしょう。

2.
壁紙をなくすと起動は早くなります。
デスクトップに貼り付ける壁紙も、Windows起動時に読み込まれる為、画像が大きい程起動時間が長くなります。
<操作方法は…>
 1)デスクトップ上で右クリックのプロパティをクリック
 2)「画面のプロパティ」の「デスクトップ」タブ画面より背景項目から「なし」の設定

3.
パソコンのメモリー容量も処理スピードに大きく影響します。
WindowsXP搭載パソコンの場合、128MBではギリギリ、256MBでも遅いかな?と感じます。512MB以上の増設なら快適に操作できます。

4.
パソコンの起動時に自動で起動するアプリケーションを少なくしましょう。
自動起動するアプリケーションのショートカットが登録されているので、利用しないソフトはここから削除すると次回からは自動起動しなくなります。
<操作方法は…>
1)「スタート」メニューの「すべてのプログラム」から「スタートアップ」をクリックします
2)アイコンをドラッグしてデスクトップに移動させます。
3)必要かどうか分からないアイコンがあったら削除は避けて下さい。
4)デスクトップに移動したアイコンを別のフォルダにドラッグして保存します。
  必要になったときに戻すことができます。

5.
不要データがたまっているので、ハードディスクを掃除する「ディスククリーンアップ」という機能があります。
<操作方法は…>
1)「スタート」メニュー→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」から「ディスククリーンアップ」をクリックします。
2)起動ドライブ(通常はC)を選んで「OK」ボタンをクリックすると、ディスク内の不要なファイルのチェックが始まります。
3)不要なファイルが表示されたら、削除したい項目にチェックを入れ「OK」をクリックすると削除または圧縮されます(すべてチェックを入れても問題はありません)
1)
2)
3)

6.
デフラグ(ハードディスクの最適化)をします
ハードディスクは書き込みや削除を繰り返し行っている内に、ディスク内のファイルの配置が乱雑になり細分化した空スペースに入りきらないファイルは分割して保存するようなるので、速度の低下につながるのです。

<操作方法は…>
1)「システムツール」から「ディスクデフラグ」をクリックします。
2)デフラグをしたいドライブを選択して「最適化」のボタンをクリックします。

※注意)ディスクの容量や状態にもよりますが、デフラグには長時間かかるので、他の作業が終わってから行いましょう。デフラグをはじめたら完了するまで電源は切らないで下さい。


利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ



Copyright(C) 2007 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.