Excelで郵便番号から住所を自動生成する方法

Excelで郵便番号から住所を自動生成する方法

 郵便番号から住所をまたは、住所から郵便番号を自動的に入力したい場合、
マイクロソフトよりフリー公開しているアドインを利用すると簡単にできます。
アドインとは、特殊な機能を付加するツールのことです。


 アドインツールをダウンロードしてみましょう!
マイクロソフトのサイトよりアドインツールをダウンロードします。
下記のURLをクリックして、Office Onlineのダウンロードページを表示します
 http://office.microsoft.com/japan/downloads/Default.aspx


 ダウンロードと郵便番号変換の操作方法
1.
Excelアドイン:郵便番号変換ウィザード(2000/2002/2003ユーザー用)の
「今すぐダウンロード」をクリックします。

2.
「ダウンロード」ボタンををクリックし、zipcode7.exe ファイル(188KB)をデスクトップなどのわかりやすい場所に保存します。
 (※インストール終了後にファイルを削除して下さい)

3.
デスクトップ上にダウンロードした zipcode7.exe のアイコンをダブルクリックすると、インストールがスタートしますので、下記のメッセージ画面に従って操作してください。
 ※このとき、Excel は終了しておいてください。

4.
Excel を起動しメニューの
[ツール]-[アドイン] を開きます。

5.
[郵便番号変換ウィザード] にチェックをつけ、「OK」ボタンをクリック します。
これで機能が利用できる準備ができました。
A1〜A4までのセルに任意の郵便番号を入力しておきます。
B1〜B4のセルに住所を自動表示してみましょう。


6.
メニューの [ツール]-[ウィザード]-[郵便番号変換]をクリックします。

7.
郵便番号変換ウイザードステップ画面が表示されます。
続いて「郵便番号から住所を生成する」にボタンをクリックして、「次へ」ボタンをクリックします。

8.
A1〜A4までのセルを範囲選択すると、「郵便番号データのセル範囲」の項目ボックスへセル範囲が表示されます。
続いて「次へ」ボタンをクリックします。

9.
「住所を出力するセル範囲」のボックスの中でクリックし、カーソルを出します。

10.
住所を表示したいB1〜B4のセルを範囲選択すると、「住所を出力するセル範囲」の項目ボックスへセル範囲が表示されます。
続いて「次へ」ボタンをクリックします。

11.
警告メッセージに関する画面が表示されたら、「コメントに出力する」にボタンONのままで、「完了」ボタンをクリックします。

12.
範囲選択した箇所に自動的に住所が表示されます。

■補足
 この方法で、住所から郵便番号生成もできます。

利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2007 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.