ワード裏技 隠し文字

<Word裏技> 「隠し文字」 一部分だけ印刷しないようにしたい

 文書内の特定部分だけを印刷したくない場合、印刷するたびに削除したり、
元に戻したりするのは大変ですね。そんなときは印刷時だけ非表示にできる
「隠し文字」書式を使ってみましょう。


 「隠し文字」に設定するには…

1.
印刷したくない部分をドラッグして範囲選択します。

2.
次に、メニューの[書式]−[フォント]をクリックします。


3.
「文字飾り」内の「隠し文字」にチェックを付けて、「OK」をクリックします。

4.隠し文字が設定されると点線の下線付きで表示されます。

 「隠し文字」を画面に表示/非表示するには…

5.
「隠し文字」を画面で確認するには、ツールバーの「編集記号の表示/非表示ボタン」をクリックします。

点線の下線で表示されている文字については、印刷を行なっても表示されません。


6.
「編集記号の表示/非表示ボタン」をクリックすると、非表示にも変わり、画面上で確認することができます。

■補足
 【解除方法について】
 範囲選択後、メニューの[書式]−[フォント]をクリックし、「文字飾り」内の「隠し文字」のチェックを外します。

利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2007 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.