エクセルで文字列の分割を一括修正


エクセルで文字列の分割を一括修正

「ハイフンで区切られた品番を、ハイフンを区切りに分割し、別セルに分けたい」
こんな時は、「区切り位置」を利用してウィザードで一括修正してみましょう!

【例】 A-1-2C → A 1 2C 

文字列をハイフンの位置で3分割してそれぞれのセルに分ける。このように、セル内の文字列を分割することができるのが、「区切り位置」機能です。

 【完成例】

 操作手順は…
1.
品番を3分割するために、分割後の文字を入れる表をを右側に作ります。

2.
分割する元のデータを範囲選択します。
次に、「データ」メニューの「区切り位置」をクリックします。

3.
ハイフンなど特定の文字を区切りに分割する場合は、「カンマやタブなどの…」を選択します。
「次へ」をクリックします。

4.
「区切り文字」の中から「その他」欄にチェックを入れ、「-」ハイフンを入力します。
 このとき、データのプレビュー欄に表示される分割結果を確認します。
「次へ」をクリックします。

5.
分割後の[列のデータ形式]を指定します。今回は「標準」のままでOKです。

次に、分割されたデータの[表示先]を指定するので、横にあるをクリックします。

6.
「テキストウィザード」が表示したら、分割結果を表示させたい開始位置をクリックします。

そして、「完了」をクリックします。

 補足として…

区切り文字は、スペースも選べます。
フジコムITサロンより、【お得な豆知識 第17回】では、名前(文字列)を姓・名に2分割していますので、ご参考にして下さい。

利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2008 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.