不要な常駐ソフトを停止してパソコン起動の高速化

不要な常駐ソフトを停止してパソコン起動の高速化

常駐ソフトを減らすと、パソコンの起動が速くなります。
常駐ソフトはパソコン起動時に自動的に起動します。
常時メモリーの一部を占有しているため、パソコン全体の動作を遅くするので、不要なものは、停止しておきましょう!

■常駐ソフトを停止するには2種類の方法があります。
  1. 「スタートアップ」からショートカットを外す方法
  2. タスクトレイから不要ソフトを停止する方法

 ■常駐ソフト停止方法 その1
■方法1.「スタートアップ」からショートカットを外す方法
 
「スタート」ボタンから「すべてのプログラム」メニューの「スタートアップ」にあるショートカットはパソコンの起動時に自動的に実行されるので、それを解除します。
1.
「スタートアップ」にあるショートカットアイコンをデスクトップにドラッグして移動します。

2.
デスクトップに退避用フォルダを作成し、そこに停止したいショートカットをドラッグして移動します。

 ■常駐ソフト停止方法 その2
■方法2.タスクトレイから不要ソフトを停止する方法(例:メッセンジャーソフトの停止)
1.
モニタ右下に時計表示されている横にアイコンが並んでいるのが「タスクトレイ」です。
「スタートアップ」のメニューにアイコンがない場合は、
タスクトレイから停止します。

2.
アイコンを右クリックすると、常駐ソフトのメニューが表示されます。

3.
「オプション」をクリックして常駐(メッセンジャーソフト)を解除する設定をします。

4.
左メニューより「全般」項目をクリックして「サインイン」からチェックを外し、常駐を解除します。

■注意
 もし常駐ソフトを停止したことにより不具合が生じた場合は、退避用フォルダに移動したショートカットのアイコンを「スタート」ボタンの「すべてのプログラム」→「スタートアップ」のメニューに移動して戻すことにより、再び常駐します

利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2008 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.