メールはフリーソフトで簡単バックアップ(OutlookExpress)

<メールはフリーソフトで簡単バックアップ(OutlookExpress)>

 メールソフトに「アウトルックエキスプレス」を使用している方は、
「Exma(エグマ)」というフリーソフトで簡単にバックアップができます。

 【自動保存される内容は…】 

  • 送受信メール
  • メールアカウント設定情報
  • ルール設定情報
  • アドレス帳
 ▼ダウンロードサイトはこちら(対応OS:Windows XP/Me/2000/98)

 ■フリーソフトをダウンロードしてみましょう
1.
「Ex4hXP.ZIP」ファイルをクリックしてデスクトップに保存します。
続いて、デスクトップにある「Ex4hXP.zip」を解凍します。

2.

フォルダ内の「Exma.msi」をダブルクリックして、インストールを開始します。メッセージの指示に従って操作をします。


 ■ソフトのインストールをします
1. 2.
3. 4.
5. 6.
デスクトップにショートカットアイコンができます。
ダブルクリックで起動します。


 ■メールのバックアップ(データの保存)操作
 初期設定ではバックアップデータは、デスクトップのExma_bkupフォルダに作成されます。
保存先を変更する場合は、メニューの[設定] [保存先の変更] から行って下さい。

1.Backup を選択します。
2.リストから対象ユーザーを選択します。
3.OKボタンをクリックします。
4.デスクトップにバックアップフォルダが出来上がります。


5.
対象ユーザーのファイル名でフォルダが作成されます。
ダブルクリックで開きます。


6.
以下のデータが保存されます。
「Mail」フォルダ
 → 送受信メール

「Reg」フォルダ
 → メールアカウント情報
 → ルール設定情報

「Wab」フォルダ
 → アドレス帳

 ■メールのリストア(データの復元)操作
1.Outlook Express のバージョンを以前の環境と同じにします。
2.Outlook Express を一度起動させ、何も設定しないで終了します。その際、インターネット接続ウィザードが表示されたらキャンセルし終了。
3.Exma を起動します。
【注意】
初期化したPCの復元方法なので、現在の最新メールが消えて前回保存した状態に戻ってしまいます。
そのため、初期化せずにメールだけ復元したい場合は最新メールデータを残すために、デスクトップなどにフォルダを作成し、Outlook Expressから残しておきたいメールをドラッグ&ドロップで、そのフォルダに一時退避させます。
Exmaでリストア後に再度ドラッグ&ドロップでOutlook Expressに戻す必要があります。


4.Restore を選択します。
5.リストから対象ユーザーを選択します。
6.OKボタンをクリックします。


7.バックアップファイルのフォルダを指定します。この時、ユーザー名のフォルダまで指定して下さい。左図では、メインユーザーをリストアするので、メインユーザーのフォルダを指定します。

8.メッセージに従って操作します。


9.
「終了」ボタンをクリックして終了です。

 ■補足

アンインストールする場合は、コントロールパネルの「アプリケーションの追加と削除」または、「プログラムの追加と削除」から削除します。

利用方法のご相談はフジコムITサロンまでどうぞ




Copyright(C) 2009 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.