フリーソフトでスケジュール管理

<フリーソフトでスケジュール管理>

 仕事の予定を管理する「スケジュール帳 サンバード・ポータブルエディション」を紹介します。

 予定表と併せて、ToDo機能もあるので、やるべき仕事のリストを書き留めておけることができ、締切日を入力しておけば、優先順位でリストの表示を変えることができます。

 【主な機能は…】  操作方法はとても簡単!
  1. スケジュール帳をUSBメモリーに入れて持ち歩ける
  2. 予定表の作成(日別、週別、月別に表示切替)
  3. ToDoリスト作成
  4. パスワード設定
  5. アラーム機能

 ■『サンバード・ポータブルエディション』のフリーソフトをダウンロードしてみましょう
1.ダウンロードサイトが開いたら、「日本語」欄にある「Download」をクリックします。



2.ダウンロード時に、上記のメッセージ(セキュリティ保護のため、このサイトによる…」が上部に表示されたら、クリックをしてメニュより「ファイルのダウンロード」を選択するとダウンロードへ進みます。

3.ファイルのダウンロード画面が表示されたら、「実行」ボタンをクリックします。

4.「実行する」ボタンをクリックしてインストールへ進めます。

5.下記の表示画面に従って進めます。
 
 6.
左画面が表示されたら「インストール先」フォルダを「参照」ボタンより選択します。
この時、USBメモリーで常に持ち歩く場合は、USBメモリーのドライブ名を選択、常にPCで操作する場合は、マイドキュメントなどを選択します。
  7.
インストール先フォルダ内に左記の
「SunbirdPortable」 フォルダができあがります。

 ■スケジュールソフトを起動して利用してみましょう
1.
「SunbirdPortable」 フォルダ内のアイコンをダブルクリックするとスケジュール帳が起動します。

2.
カレンダーの下がToDoリストが表示されます。
右側には、予定表が表示されます。予定表のひょうじは、日別、週別、月別と表示変更が可能です。

3.
ツールバーの「新しい予定表」をクリックすると作成画面が表示されます。

4.
件名、場所、カテゴリー、開始日時や終了日時、詳細などが入力することができます。
入力後は、「保存して閉じる」ボタンをクリックします。

5.
ツールバーの「新しいToDo」をクリックすると作成画面が表示されます。

6.
件名、場所、カテゴリー、着手日時、締切日時、状態、詳細などが入力することができます。

7.
左記の様に予定、およびToDoリストが表示されます。

 ■パスワード機能も利用してみましょう!
1.
パスワード設定をするには、ツールメニューより「ツール」−「オプション」をクリックします。

2.
「詳細」−「パスワード」タブを開き、「パスワードの暗号化にマスターパスワードを使用する」にチェックを入れると、パスワード変更画面が表示されます。

3.
新しいパスワードとパスワードの再入力を入力します。
これで、設定は完了し、次回からは、ソフトの起動時にパスワードが必要となります。

 ■アラーム機能も利用してみましょう!
1.
アラーム機能を追加したい予定表の中の件名をダブルクリックすると、予定表の編集が行えます。
アラーム項目より、予定を事前通知したい時間を選択します。

2.
アラーム機能が設定されるとベルのマークがつきます。
アラーム機能を設定しておくと、予定の開始時刻前に画面を通知してくれます。


Copyright(C) 2011 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.