<メール容量を確認して要らなくなったメールを一斉に処分
(Outlook Express編)>

 大容量の添付ファイルが付いたメールや大量の広告メールをそのままにするとパソコン内のHDDを圧迫します。こうしたメールを削除するとメールボックスの容量も小さくなりHDDの空きも広がります。

【最適化する手順は…】

  1. 大容量の添付ファイル付きのメールを削除
  2. 不要になった広告メールを削除
  3. 「削除済みアイテム」を空にする
  4. 最後に、すべてのフォルダを最適化

 ■1.まずは、大容量の添付ファイル付きメールを削除しましょう!

OutlookExpressを起動し、「表示」メニューから「表示項目の設定」をクリックし、「サイズ」にチェックを付けます。

 ↓
 

 ■2−1.不要になった広告メールを削除しましょう(大容量サイズメール)

「サイズ」項目が表示されたら、「サイズ」項目をクリックすると容量順に並べ替わります。クリック毎に昇順/降順に並べ替えができます。サイズが大きい順に並べ替わりましたら、不要なメールだけを削除します。


↓選択したメールを削除します
 

 ■2−2.不要になった広告メールを削除しましょう(広告メール)

「送信者」項目をクリックすると送信者別に並べ替わります。クリック毎に昇順/降順に並べ替えができます。
送信者を確認の上、不要な広告メールだけを削除します。


 ■3.「削除済みアイテム」を空にしましょう!

削除したメールは「削除済アイテム」に移動します。次に、「削除済みアイテム」フォルダを空にする」の操作を
行いましょう。


 ■4.最後に、すべてのフォルダを最適化しましょう!

メール削除だけではメール容量は縮小化にはなりません。
削除前のメールは読み込まれていないだけで、データは残っているので、すべてのフォルダを最適化してはじめて、メールボックスのサイズが縮小されます(メール保存したdbxファイルが整理されます)

 「ファイル」メニューから「フォルダ」−「すべてのフォルダを最適化する」をクリック


Copyright(C) 2012 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.