Fujicom IT Salon
トップページ
おたすけ小技
  -- Word編
  -- Excel編
お得な豆知識
お問い合わせ
おたすけ小技知識

一覧へ戻る

知って得する小技 −ワード編−

元の白紙がでてこない
 Q: 起動すると書式設定された文書が表示されてしまい、元の白紙がでてこない。
 A: Normalというファイルを検索し、削除して下さい。
  1. [スタート]ボタン─[検索]─[ファイルやフォルダ]を選択します。
  2.  見出しの [名前と場所]タブを選択します。
  3.  [名前]にNormalと入力し、[検索開始]ボタンをクリックします。
  4.  目的のファイルが下に表示されたら、Deleteキーを押し、削除します。
ホームページの文字だけコピー貼り付けしたい
 Q: ホームページの文字だけコピーしてワードに貼り付けしたい。
 A: ホームページの文字をコピーしてワードに貼り付けると、HTMLの書式までコピーされてしまう
 ので、文字だけコピーができます。
  1. コピーしたいホームページの文字を範囲選択します。
  2. 右クリックし、ショートカットメニューから[コピー]を選択します。
  3. ワードを開き、[編集]メニューの[形式を選択して貼り付け]を選択します。
  4. [貼り付ける形式]の一覧から[テキスト]を選択し、[OK]ボタンをクリックします。
行頭の括弧を自動的に半分の幅にするには?
 A: 行頭に、全角の括弧が来ると、他の文字に比べて先頭がへこんだ形になり、
 気になりますよね?そこで、行頭に来た時だけ、幅が半分になる方法を紹介します。
  1. 書式]メニューの[段落]を選択します。
  2. 「体裁」のタブから 「行頭の記号を1/2の幅にする」にチェックします。
これだけで、設定した段落の行頭にきた括弧は、自動的に半分の幅になります。
しかも、行の中では全角のままです

段落前の間隔をすばやく一行分空けるには?
 A: 段落の前に一行改行を入れて、レイアウトを整えることは、よくあると思います。
 そこで、簡単にその間隔を一行にする方法を紹介します。
  1. 段落内にカーソルがあることを確認します。
  2. [Ctrl]キー押しながら[0](テンキーは不可、上段のゼロ)
 これで、段落前の間隔が一行になります。もう一度押すと、元に戻ります。

Word を起動しなくても印刷する方法
  1. デスクトップやMy Documentsなどにあるファイルを右クリックします。
  2. メニューの中の「印刷」をクリックします。
  3. Word が自動的に起動し印刷の命令を出し、Word を閉じてくれます。
「行内」ってなんだろう?
 A: 図の挿入をすると、図は「行内」で配置され黒いハンドルがついて自由に動きません。
 「行内」以外に設定すれば、自由に動くようになります。  「行内」は「文字」と同じ扱いなのです。文字も選択してドラッグすれば移動します。
行内に設定された図形は、中央揃えや右寄せも可能で、、スペースでもインデントでも動きます。

既存の文書ファイルをコピーで開くには?
 A: 別の名前がついたファイルが開きます。例えば、「議事録」というファイルをコピーで開けば、
 「議事録(2)」というようなファイル名がつけられて開くので、間違えて元のファイルを上書きして
 変更してしまう心配がなく安心して作成ができます。
【ワード2000の場合】
  1. [ファイル]-[開く]をクリックします。
  2. 開きたいファイルの上で右クリックします。
  3. [コピーとして開く]をクリックします。
 【ワード2002(XP)の場合】
  1. 作業ウィンドウの「既存の文書から新規作成」の「文書の選択」をクリックします。
  2. ファイルを選択し、[新規作成]ボタンをクリックします。
ツールバーのアイコンボタンをコピーして文書に貼り付けるには?
  1. メニューの[表示]-[ツールバー]-[ユーザー設定]をクリックします。
  2. [ユーザー設定]のダイアログボックスを表示したままにします。
  3. コピーしたいボタンの上で右クリックし、[ボタンイメージのコピー]をクリックします。
  4. [ユーザー設定]のダイアログボックスを閉じます。カーソルを位置付けて「貼り付け」ボタンをクリックします。
エクセルも同様に操作できます

通貨ユーロのマークを挿入する方法は?
  1. メニューの[挿入]−[記号と特殊文字]をクリックします。
  2. [記号と文字]タブをクリックします。
  3. [フォント]を[Times New Roman]へ変更します。
  4. 続いて、[種類]を「通貨記号」に変更します。
  5. 3行目に「ユーロ」が表示しますので選択し、[挿入]ボタンをクリックすると、文書に挿入されます。
段落を手動で簡単に移動するには?
 A: 段落ごと前後を簡単に入れ替えてしまう方法を紹介します。
  • 段落内にカーソルを置き、ALT+Shift+↓(↑)キー
表を移動すると行の選択ができないので回避する方法は?
 通常は表の行選択が出来ますが、表の左上の四角で囲まれた十字の矢印をドラッグして移動すると行選択が出来なくなります。これは「文字の折り返しをする」に自動的にチェックが入って、図と同じような扱いになってしまうためです。
  1. 表の左上の十字矢印をクリックして、表全体を選択します。
  2. メニューの[罫線]−[表のプロパティ]をクリックします。
  3. 「表」タブの[文字列の折り返し]で、[なし]を選択して、OKをクリックします。
段落を手動で簡単に移動するには?
 A: 段落ごと前後を簡単に入れ替えてしまう方法を紹介します。
  • 段落内にカーソルを置き、ALT+Shift+↓(↑)キー
連続して切り取り改行付きで一気に貼り付ける方法は?
  1. 切り取りたい部分を選択して、Ctrlキーを押しながら F3キーを押します。
  2. この操作を必要なだけ繰り返します。
  3. 貼り付けたい部分にカーソルを置き、Ctrlキー + Shiftキー + F3キー を押します。
描画キャバスを表示させない方法は?
 Word2002で描画をするとき、「ここに描画を作成します」というメッセージと枠がでてきますが、表示させない方法があります。この機能は、Word2002より追加されましが枠内で描画したものを1つのグループと自動的に認識してくれます。、一括して削除は、便利ですが、扱い難い場合もあります。
  1. メニューの[ツール]-[オプション] をクリックします。
  2. 全般タブをクリックして、「オートシェイブの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する」のチェックを外します。
入力済みの英字の大文字・小文字を切り替える方法は?
 文章中に英字を入力後、英字の箇所のみ全部大文字または、小文字に変えたいときに、便利な機能があります。(全体を範囲選択しても英字以外は影響を受けません)
  1. 入力した文字列を全て範囲選択します。
  2. Shiftキーを押しながらF3キーを押すと全部大文字→全部小文字というように押すたびに変換することができます。
テキストボックス内の行間を素早く狭くする方法は?
 A: テキストボックスを作成時にボックス内のみ行間を狭くしたい場合に、行間の固定値を変更しなくても行間を狭くする方法があります。(段落単位での設定)
  1. 行間を狭くしたい段落内にカーソルをクリックします。
  2. メニューの[書式]-[段落]をクリックします。
  3. 表示された[段落]設定画面で、[インデントと行間隔]タブをクリックします。
  4. 「間隔」の箇所の「1ページの行数を指定時に文字を行グリッド線に合わせる」 のチェックを外し「OK」をクリックします。
文字列を表に変える方法は?
 A: 文字列部分を罫線を引いて表にすることはできないので、 文字と文字の間を「タブ」で区切りましょう。
例)  「→」のところでTabキーを押してください。
 あ → い → う (改行)
 100 → 200 → 300 (改行)
※行内のTabの数がひとつでも多いと1列空白の列が作成されるので注意
  1. まず、Tabキーの「→」が表示されない場合はツールバーの「編集記号の表示/非表示」をクリックして表示にします。
  2. 上記のように文字を入力して2行を範囲選択します。
  3. メニューの[罫線]‐[変換]‐[文字列を表に変する]をクリックして、ダイアログボックスが表示されたら列数を確認して「OK」をクリック。
余白設定ですべてを「0」数値にできる?
 A: 残念ながら、用紙の上下左右の余白を「0」にすることはできませんが、最小値にすることは可能です。
  1. ワードを起動して、メニューの[ファイル]-[ページ設定] をクリックし、余白タブを選択します。
  2. 下左右の余白は、標準では 上35mm 下左右は30mm になっていますが、
    この値をすべて「0」に入力して「OK」します。
  3. 次に、「余白が印刷できない領域に設定されています。余白の設定を適切な値に設定するには[修正]ボタンをクリックしてください」との表示がでますので、修正ボタンをクリックします。
  4. もう一度上下左右の余白の設定を確認すると数値が変わっています。これが余白の最小値となりますが、設定されているプリンターによって数値は様々に変わってきます。

このページの先頭へ戻る


株式会社フジコミュニケーション
Copyright(C) 2010 FUJICOMMUNICATION Co.,Ltd. Allrights reserved.